「新世紀エヴァンゲリオン」ノ AA ホカンケイカク
<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
ACCESS COUNTER

世界の中心でアイを叫んだけもの
RANKING
クリックして・・・
「クリックして・・・
  ランキングが上がるから・・・」


CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
LINKS
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
PROFILE
SPONSORED LINKS
Щёγтнёγ∫

ドイツの生んだ最高の文豪のひとりであるゲーテが、25才のときにたった4週間で一気に書き上げた世界を代表する「青春の文学」。
恋に悩み、傷つき、仕事に生きがいを見つけることもできず、多感な芸術家的資質をもった青年ウェルテルは、ついに破滅への道をたどる。

ゲーテ(1749〜1832)
父は帝室顧問官、母は同市市長の娘という裕福な市民の長男として生まれる。ストラスブール大学で法律の勉強をしながら、彼の情熱は恋愛と創作のほうに注がれていった。
折りからの疾風怒濤(シュトルム・ウント・ドラング)時代の旗手としてドイツのみならず外国でも有名となる。他の代表作に『ヴィルヘルム・マースターの修業時代』『ファウスト』『詩と真実』『イタリア紀行』などがある。
死に際して「さ、よろい扉をあけておくれ、もっと光を。…もっと光を」とつぶやき、ワイマールで82歳の生涯を終えた。